やさしいカードローン講座

フリーキャッシングとカードローンの関係について

カードローンのはじまりと歴史

もともとカードローンという金融商品は、銀行が開発したものであったために、銀行や俗に言うところの銀行系金融業者が運営しているケースが多かったのですが、カードローンの仕組みが非常に高い人気を得るに至ったために、消費者金融の中にもカードローン商品を取り扱うところが出てきました。
そのため、フリーキャッシングとカードローンの両方を提供する消費者金融も出てきたのですが、フリーキャッシングとカードローンの違いがよくわからないという人も少なくありません。

キャッシングには広義と狭義の定義がある

広義のフリーキャッシングは、個人に対する使途目的に制限のない無担保の小口融資のことを指します。
この意味でフリーキャッシングのことを捉えた場合には、カードローンもその一種という位置づけになりますが、一般的には狭義で捉えて全く別の金融商品であると取り扱うようになっています。

一般的には何度も借りられるのがキャッシング

狭義のフリーキャッシングは、個人に対して融資金全額を一度に貸し付けてしまう金融商品のことを指しています。
したがって、追加で融資を受ける必要が生じた場合には、また改めて利用申し込みをした上で審査を受けなくてはなりません。
これに対してカードローンの場合は、最初に利用申し込みをした際に決められた利用限度額の範囲内であれば、何度でも無審査で追加融資を受けることができるという仕組みになっています。
利用限度額という制限は受けますが、急にお金が必要になった時にも即座に利用できるため、利用者にとっての利便性がかなり高くなっていると言うことができます。
とても便利なキャッシングシステムであるために、カードローンの人気がとても高くなっており、大手消費者金融では積極的にこのカードローンを取り扱うようになってきています。

最新キャッシングニュース