キャッシング審査の3大ポイント

キャッシングの審査へけっこう厳しいの?

消費者金融などからお金を借りるためには、キャッシング審査を通過する必要があります。
この審査に関する基準は消費者金融などにより様々であり、これという基準は存在していません。
しかしどの消費者金融でも概ね決まった基準があり、それを満たしていれば審査を通過することが可能となっています。

最初のチェックポイントは年収と年齢!

まずは、年収が挙げられます。
年収が高いほど返済能力が高いとみなされるため、審査に通り易くなります。
また、年齢も重要なポイントとなります。
一般的には、年齢は20歳以上と定めている消費者金融が多くなっています。
学生を対象とした学生ローンの商品を扱っている業者では、18歳以上となっている場合もあります。
その場合は、保護者による同意が必要となっているケースが多くなっています。
また、年齢層では20代後半から30代については、働き盛りとみなされる場合が多く審査も通りやすい傾向にあります。

金属年収も重要な審査ポイント

次に、審査を通り易いポイントとして勤続年数があります。
勤続年数については、長いほど有利になります。
それは、長く同じ職場で働いているということで、安定した収入が確保できており、返済についても安定した返済が行われるとみなされるためです。
キャッシング審査では通常、何らかの職業についているということが条件となる場合が多いですが、それに加えこの勤続年数をチェックされる可能性が高くなっています。
消費者金融などによっては、年収よりも勤続年数を重視しているという場合も多くなっています。
一般的には、6か月以上の勤続年数は必要とされており、それ以上であれば一定の基準は満たしていると判断されるケースが多です。
また、審査時には在籍確認が行われ、電話などで実際に現住所などに居るかを確認される場合があり、これも重要な審査の1つとなっています。